操作画面

PUDOでめちゃ楽!メルカリ発送を解説【取引実績300件超ユーザーがやってみた】

操作画面

メルカリユーザーに超おすすめの発送方法・「PUDO」(プドー)を初利用してみました。スマホと現地(PUDOステーション)での詳しい操作方法を実際の画像付きで解説していきます!

PUDO初心者の私でも、特に戸惑うこともなく利用ができました。コンビニのレジに並んだりする必要もないし、今後も利用したくなる便利さです!
 
 

PUDO利用時の【販売~発送】の手順

それでは早速、【メルカリで出品~実際にPUDOステーションで発送】する際の流れをご紹介していきます!
 

はる
簡単なのでサクッと読んでみて下さいね! 

 

メルカリ出品時の注意点【PUDOを使うとき】

メルカリでPUDOを使うには「らくらくメルカリ便」を使用する必要があります!

 
そもそも「PUDO」は「宅配便ロッカー PUDOステーション」のことで、ヤマト運輸が行っているサービスだからです! 荷物を送ったり受け取ったりできるとっても便利なロッカーですが、地域によってはまだ数が少ないのが玉にきず…
 

PUDOで送れるサイズは最大140サイズまで!さらに、形によってはサイズ内でも送れないので注意

 
PUDOはコインロッカーのように大きさが数種類あるロッカーです。
ロッカーBOXのサイズは以下の3通り。これ以上になると入らず、送ることができません!

サイズ
出典:https://www.mercari.com/jp/help_center/article/620/

 
 

売れたら発送前にまずはスマホで設定

いよいよ、出品後売れてから実際にPUDOで発送するまでの流れをみていきましょう!

操作画面

操作画面

  1. 発送場所に「宅配便ロッカー PUDO」(一番上)を選択
  2. 画面が切り替わります
  3. 梱包された商品のサイズを選択します
  4. QRコードが表示されればOK!(※赤いボタンはまだ押さないで!)

 
 

PUDOステーションでの操作方法

次は荷物をPUDOステーションへ持って行きます。

▶︎▶︎▶︎近くのステーションを探したい人はこちらから探せますよ。

https://www.e-map.ne.jp/p/yamato01/?&cond23=1

操作画面
 
機械の前に立つと、自動で起動し、上記画面が表示されます。
今回は発送なので、右側の発送ボタンを押してください。

操作画面
 
先ほどスマホ上のメルカリで用意したQRコードを表示させ、パネルより下の方にある読み取り部にかざします。
 
操作画面
 
ここからはいくつか注意事項の確認です。

はる

確認・注意事項が多くてちょっと不安に…いやでも間違っていないはず!大丈夫!

確認画面
 
 
操作画面
 
 
操作画面

日時指定の確認もされます。今回は指定なしだったのでこのような画面です。
 
操作画面

持参した荷物が入るBOXを選択します。入らなかったら選び直しもできるようですね。
 
操作画面

選択後、自動でガチャッとロッカーが開きます。荷物をいれて、扉を閉じればOK!
 
確認画面

最終確認画面です。問題なければOKボタンを押しましょう。
 
操作画面

お疲れさまでした!これで完了です!

やってみたら簡単!これは今後も利用したい

操作画面
 
 
なんだか難しそうだな~と勝手に思っていたPUDO。実際にやってみたら非常~に簡単でした!

駅やお店に併設してある場合が多いので、ちょっとした用事のついでに発送できるのもうれしいかも。コンビニのようにレジに並んだりしなくて良いのもいいですよね!
あとはもう少し設置個所が増えたりしてくれると、メルカリヘビーユーザーの私としては助かります。
 
余談ですが、メルカリ初めてもうすぐ2年…取引件数がもうすぐ400件です。不用品の出品と本を中心とした購入での利用ですが、こんなに使うことになるとは!笑
PUDOが便利だったので、今度は受け取りもチャレンジしてみようかな?

はる
コンビニ発送と上手く使い分けていきたいです!