労災保険とは?

労災の休業補償は知っておくべき!【休んでもお金がもらえます】

労災保険とは?

労災保険って知っていますか?

『労災保険』とは業務中や通勤時にケガをしたときなどに対してお金が支払われるものなので、もしケガをした場合は会社に相談してみてください。

この記事では「労災保険とは?」についてわかりやすく説明します。

できれば事故は起きないでほしいですが、実際に起きたとき知っておくと役立つので、ぜひ最後までご覧ください。

 

労災保険とは?

ケガ

まず結論ですが、冒頭も述べた通り、業務上でのケガや病気、障害や死亡などがあった際に支払われる保険です。

通勤時も適用されます。

それではここから具体的にどのような状況なら労災と認められるのかや対象者について説明していきます。

 

労災は大きく分けて2種類

災害

労災は大きく分けて2種類あり、『業務災害』と『通勤災害』です。分けて考えられていますが、基本的には、

家から会社に行って、仕事をして、会社から家に帰るまでが『労災保険』の対象となります。

 

業務災害

『業務災害』は仕事中に起きた災害によるものを指しますが、『業務災害』と認められるのは要件が2つあります。

  1. 会社の支配下にあること
  2. 業務とケガの因果関係があること

 

なので、仕事中に関係ないことをしてて、ケガをした場合などは労災とは認められないので、注意してくださいね。

 

通勤災害

『通勤災害』は通勤中に起きた災害を指します。

通勤中に滑って転んでケガを場合などが対象となるのですが、1点注意が必要で、寄り道して帰った場合は対象とならないことがあります。

例えば、仕事帰りにママ友とランチをしたり、カフェで一息ついたりなど、寄り道をすると労災とは認められなくなります。

ですが、寄り道でもスーパーで買い物をしたり、病院によったりなどの日常生活上必要な寄り道は通勤と認められます。

気分変えたくて遠回りして帰ったとかもだめなので、ご注意を。

 

労災保険の対象者

対象者はすべての労働者です。

もちろんパート・アルバイトの方も含まれますので、必ず何かあった場合は会社に報告することが大切です。

逆に社長や役員は対象外となっています。

 

保険料は払わなくていい

労災保険は自分たちで保険料を払わなくて大丈夫です!

会社が全額負担することになっています。

また、原則として労働者が1人でもいる会社は労災保険に加入しなければならないので、会社で働いている方はご安心ください。

 

労災保険の給付内容

支払い

ここからはどのような災害に対して、どのような給付がされるのか説明します。

災害に給付内容は大きく分けて7つあります。

  1. 療養補償給付
  2. 休業補償給付
  3. 傷病補償給付
  4. 障害補償給付
  5. 介護補償給付
  6. 遺族補償給付
  7. 葬祭料

全てを細かく説明すると、長くなってしまうので、今回は『休業補償給付』についてわかりやすく説明します。

他のはケガや病気の時は病院の費用を負担してくれて、障害が残ったときや死んだ時にある一定額が支払われるものだと思ってください。

 

休業療養給付

『休業療養給付』は災害によってケガや病気になり、治すために療養するときに、労働ができず賃金が貰えない時に支給されます。

もらえるのは休業4日目からで、休業1日につき、給付基礎日額の6割が支給されます。あと『休業特別支給金』というのもあって給付基礎日額の2割もらえます。なので全部で8割(80%)もらえるようになっています。

 

給付基礎日額というのは、事故があってから直前3か月間に給料の総額を、その期間の日数で割り、1日当たりの賃金額のことです。

 

具体的に言うと、月10万の方が事故にあった場合、

直近3ヶ月の給料が10万×3ヶ月で30万円、それを3ヶ月の日数(ここでは90日間とします)で割ると、3334円です。

それに60%と20%を別々にかけて、

3334円 × 60% = 2000円

3334円 × 20% = 666円

2000円 + 666円 =2666円

となり、1日の支給額は2666円です。

 

意外と知らない労災保険の内容

いかがでしょうか?

労災保険は自分で保険料を払っているわけではないので、意外と存在が知られてないことがあります。ですが、万が一業務中に何かあったら使える保険なので、ぜひ覚えておいてください。

 

今後も家計に役立つ情報を発信していきますので、

ぜひブックマーク登録とTwitterのフォローをお願いします!

てんころパパTwitter:@tencoro818